談話室
 
ここは談話室です。
ジェントリな方のみ発言を許可いたします。
 

 1件〜20件( 全650件 )   [ 次の20件 ] [ 発言する ] [ 戻る ] 

館長 [2017/06/01 01:59:41]
 ここの所3週間ほど、個展の出品作の仕上げに四苦八苦でした(正直、ツラかった〜)。
先週などは日本海側(富山とか新潟あたり)に逃亡したくなる衝動と闘いながらの日々でした(汗)。
昨日全ての作品の準備が終わり、今日は作品の撮影も完了、残すは画廊への発送準備のみ。
これで取りあえず一息つけます。

 匿名さん
返信が遅れてしまってスマンです。
実は当初はそのような考えもあったのです。
ただ、いざ作るとなるとレギュラーの作品制作よりも大変な事になるんで諦めちゃったんですよねぇ。
ウマそうに作るのって難しいだろうし(笑)。

 ふぁにさん
こちらも遅くなってしまいゴメンナサイ。
京都での個展は6月6日から25日まで、比較的長めの会期となっております。
詳しくは当館地下広報室、あるいは芦屋画廊kyotoのHPをご覧下さい。
宜しくです。
ふぁに [2017/05/11 12:12:47]
 京都に来ていただけるのですか!
このタイミングでコメント出来て本当によかった(喜)

お待ちしています!!
匿名 [2017/05/11 11:32:52]
 初めて博物館に来ました。
とても興味深い内容で充実した時間を過ごすことができました。
食堂のメニューが食品サンプルになると更に味の想像が広がりそうです。
館長 [2017/05/08 23:25:06]
 皆様、ゴールデンウィークはいかがだったでしょうか?
僕は例年の如くおおむね仕事、いつも通りのしょっぱい黄金週間でした。
まぁ、今月、来月と展示もあったりするので・・・。

 ふぁにさん
ありがとうございます。
実は次の個展は京都なんですよ。
来月開催なのですが、詳しくは当館地下広報室にて近々お知らせしますので、乞うご期待です(宣伝ッ)。
ふぁに [2017/04/29 23:32:01]
 昨日、とあるギャラリーでドラゴンの標本をみて釘付けになり、博物館に来ました。
今日は3度通いました。当分通いそうです。
面白すぎる..。

東京に住んでる人はいいな〜。
大阪で展示会、熱望します。
館長 [2016/12/31 15:01:06]
 何とか年内に第14展示室「Phantom Beast Complex +」開設出来ました。
来年早々には残りの「妖の森に棲む」の展示も済ませたいなぁ(本来はこれも年内に何とかするハズだったんだけど・・・)と、思っております。

では皆様、良いお年を。

 12月29日の発言者さん
どういたしまして・・・って、どちら様でしょうか?
ゆ〜ちゃん♪\(AOA)/ かな?
 [2016/12/29 21:11:11]
 いろいろとありがとうございます
館長 [2016/12/29 00:45:12]
 いよいよ今年も残り僅かとなりました。
今年は例年になく展示が多くって、バタバタしていたな〜と。
そして僕はこの時期になると、ついつい浅川マキばかり聴いてしまいます。
・・・何だか毎年、夏の終わりには石川セリで年末には浅川マキ・・・進歩が見られないな。

当館の展示は年内に第4階層第14展示室まで公開予定です、頑張ります。

 ゆ〜ちゃん♪\(AOA)/ さん
七つの大罪については僕もそんなに知識が無く、ウィキペディアに載っているくらいしか分からないかなぁ。
役に立たずスマンです。
ゆ〜ちゃん♪\(AOA)/ [2016/12/24 20:14:34]
 七つの大罪についていっぱい教えてください。
館長 [2016/09/16 02:24:20]
 昨日、ようやく話題の「シン・ゴジラ」を観てきました(いろいろバタバタしていたんですよ・・・)。
ウ〜ム、名作だ、さすがにお客が入るだけの事はあるな、と思いました。
でも、個人的にはダメダメな感じの平成VSシリーズ(未来人設定のチャック・ウィルソンが平成バブル期の日本を侵略する「VSキングギドラ」や、密かにつくば市内で製造されていたメカゴジラが幕張のマリンスタジアムをブチ壊す「VSメカゴジラ」なんかがバカバカしくって好き)に思い入れが強く、あのテイストにはもう戻れないんだろうな、と、思うとチョッと切ない感じもします(笑)。
・・・エヴァンゲリオンの続きも早く観たいっす。

 いたちーさん
ボチボチと進めますので、どうぞお待ちを。
いや、先ずは第四階層から着手します、出来れば年内には全ての展示室を何とかしたいのですが・・・。
いたちー [2016/09/03 16:42:02]
 返信ありがとうございます。江本さんも忙しいのですね。首を長くして待ってますので、標本の製作がんばってください!
館長 [2016/09/03 02:09:29]
 嗚呼、例年に無く忙しかった夏が終わりました。
そして季節は行き過ぎ、秋の気配が忍び寄って・・・いや、相変わらず暑いです(汗)。
猛暑、酷暑とまではいきませんが、未だ「夏」かな。
”私の夏は明日も続く・・・”例年の如く「八月の濡れた砂」が頭の中でリフレインです。

 いたちーさん
書き込み頂きありがとうございます。
「妖の森に棲む」に限らず予定はあるんですが・・・なかなか忙しいのと無精な質なもので・・・。
こちらも首を長くしてお待ち下さい、いずれ、そのうちに何とかします・・・。
いたちー [2016/08/31 12:50:01]
 少し前の個展「妖の森に棲む」に行きそびれてしまい、そこで出品された標本を見たいと思っているのですが、このサイトに載せる予定はお有りでしょうか? 返信お願いします。
館長 [2016/08/05 11:40:17]
 現在、横須賀、平塚、汐留、日本橋と、4件の展覧会が重なっております。
ここまで重なるのは初めてなもので、さすがに自分でもやや混乱気味です(笑)。
展示についての詳細は当館地下広報室まで。

 おぞんさん
現在の所、その予定はありません・・・今年の初頭に新著を出版したばっかりですし。
まぁ、またそのうちに・・・キリンの如く首を長くしてお待ち下さい。
おぞん [2016/08/01 07:13:41]
 今後、幻獣コレクションシリーズの新作を出版する予定はありますか?
館長 [2015/10/27 23:53:34]
 現在、滋賀県の近江八幡で展示をしております。

グループ展「これ、すなわち生きものなり」
 2015年10月22日(木)〜11月23日(月・祝)
 於 ボーダレス・アートミュージアムNO-MA

詳細はこちら
 http://www.no-ma.jp/?p=11586

お近くにお越しの際には是非ご覧下さい(宣伝ッ!)

 ぐるたみんさん
こちらこそよろしく、です。
 
  
ぐるたみん [2015/10/11 01:11:34]
 わざわざアドバイスありがとうございます。いつか出会えた時は、あの時の発言者のぐるたみんです と、現れます(笑) その時はまたよろしくお願いいたします!いつも応援しているので、頑張ってください^ ^
館長 [2015/09/07 02:54:05]
 この前の水、木曜日で越後妻有トリエンナーレに行って来ました。
僕自身出品しているのですが、他の作品を観ていなかったので出掛けてきました。
2日間の連続バスツアー参加で疲れましたが、なかなか面白い体験でした。
いろいろな表現があるんだなぁ、と、思った次第です。

 ぐるたみんさん
書き込みが遅くなってスマンです。
制作のコツ、ですか・・・細かい所は僕でもやらかします(笑)。
強いて言えば「気をつける」でしょうか・・・?
あるいは、壊れやすい部分は最後に加工する、ってトコロかなぁ。
僕の展示については、当館地下広報室にてお知らせしますので、ご覧下さい。
今の所、年内では10月に近江八幡でグループ展、来年1月末に銀座で個展の予定です。
ぐるたみん  [2015/08/27 13:07:05]
 僕は今高校生ですが、中学一年生の頃から江本さんの作品に魅了されていて、自分でも繰り返し似たようなものを作っているのですが、なかなか上手くいきません。途中で標本の腕が折れたりしてしまい、まだ一つも満足のいく作品ができていません…(笑)製作のコツなど、教えてくださったらうれしいです。 また、先日行われた作品展で江本さんの作品を初めて生で拝見させていただきました。江本さんにはお会いできなかったのが残念でしたが、一つの作品を1時間も眺めていました! 僕は、江本さんの個展がまた開かれることを今か今かと待ち望んでいます! そのときは是非江本さんにお会いして、お話ししたいです^ ^ これからも幻獣標本製作、頑張ってください!
館長 [2015/08/24 03:45:25]
 8月も終盤です。
煮える様な猛暑も、やや控えめな感じの日が続きます。
我が愛読書、楳図かずお先生の「イアラ(*)」最終話の台詞ではないですが、「夏は終わりだ!」って感じです。
そして僕は例年の如くこの時期になると、石川セリの「八月の濡れた砂」を、ついつい聴いてしまうんですよねぇ。
若き頃、何も夏らしいコトも無く過ぎてしまった季節を思い返し、ついセンチメンタルになってしまうからでしょうかねぇ・・・。

 きなこさん
ありがとうございます。
僕の仕事で今でもワクワクしてもらえるって、作り手として嬉しく思い、かつ、僕自身の励みになります。
実は現在、次の出版に向けて準備中。
年末辺りに新著をお見せ出来るかと思います。
乞うご期待です。

 (*)
楳図かずお先生の「時間」をテーマにした大河ドラマ的作品。
東大寺大仏建立から地球滅亡までの悠久の時間の流れの中で、謎の言葉「イアラ」を追い求める男の物語。
・・・おお!なぜいままで気がつかなかったのだろう!はじめあり終わりあり はじめなく終わりなし。月日は東より上り、西へ沈み、また東よりめぐる・・・大傑作です。

 1件〜20件( 全650件 )   [ 次の20件 ] [ 発言する ] [ 戻る ]